夏バテを解消するには

博多の夏祭り"祇園山笠"も終わり、九州北部地方は梅雨が明け、一層暑さが増してきましたが、皆さまご体調はいかがですか?

 

 

先日の日経新聞や読売新聞でも夏バテの記事がありました。

 

以下抜粋

 

『脳の≪過労≫で夏バテか。脳の温度は、四季を問わず約37度前後。環境変化に対して一定に保とうとする仕組みは"ホメオスタシス"と呼ばれ、自律神経に支えられている。夏はこの自律神経に負担がかかり過ぎてしまうため夏バテに至るようだ。(日本経済新聞)』

 

『夏バテ対策には、量より質を考えた食事と、十分な睡眠を取ることが重要(日本経済新聞/読売新聞)』

 

毎年、9月あたりから、不調を何とかして欲しい・・・とご予約が増えてきますが、私の経験上、夏バテに関しては特に早めの対策が一番カラダには良いようです。

 

定期的に耳つぼの施術を受けられていらっしゃるお客様は『暑いのは暑いけど、バテるって感じはしない』と言われます。

 

自律神経が整うと、寝つきや熟睡感、過食に食欲減退、むくみ、肩こり、冷えやドライアイなどの体のストレスから、イライラなどの精神的なストレスからも解放されやすくなってきますので、耳つぼで今年の酷暑を乗り切ってみませんか?

 

当サロンでは、数色のスワロフスキーの耳つぼシールを使用致しますが、ご希望のお客様には、ご来店時のお客様の心身の状態に必要なお色の診断もしておりますので、遠慮なくお申し付けください。